fbpx

ブルックリンのルーツが教えてくれるブルックリンスタイル☆

ブルックリンのルーツが教えてくれるブルックリンスタイル☆

【ブランチアベニュー 世界の旅からシリーズ】
 〜ブルックリンスタイル編〜

<ブルックリンのルーツが教えてくれるブルックリンスタイル☆>

さあ、今回はいきなりの質問から始めてみたいmamicoです。

『ブルックリンスタイル』の原点はアメリカ・ニューヨーク州の【ブルックリン】ですが、どうして『ブルックリンスタイル』と呼ばれるインテリアスタイルが定着したのか考えてみたことってありますか?

 

今回は、そのルーツを探ってみようと思ってます!

 

さあ、憧れの『ブルックリンスタイル』♡

たとえばこんなイメージですよね?

BF4C45D0-433C-43B4-8D47-222CDB12C945

引用:https://unsplash.com/photos/CsLnGolUDxQ

インテリアについてだと細かいところは多少好みの違いはあると思うんですけど…。

わたくし、ブルックリンの街並みを想像するときも、やっぱりこんなシックでダークブラウンのレンガ壁に囲まれた雰囲気をイメージしてしまいます☆

 

 

たとえば、次の写真のように居住地にはところどころ朽ちたレンガ壁のアパートメントが立ち並ぶイメージ☆

252758D4-827D-4B10-B8A3-948E4F4917EA

引用:https://unsplash.com/photos/GM2_D1thnsM

そして、レンガの外壁に這うように施された錆びた鉄製の階段☆

まさに『ブルックリンスタイル』のイメーですよね?

 

 

どうでしょう?

あなたが想像するブルックリンも同じようなイメージですか?

 

今でこそアメリカの都市の中でも有数の人口を誇るオシャレな街として知られているブルックリン♡

ほんの数十年前は治安も心配な街だったんですね(驚)

 

ヴィンテージ感あふれる歴史あるレンガの建造物も残っていて、新しい文化とも融合し、現代ではオシャレな街、アートな街として知られていて、とてもステキな街になっていますよね♡

 

そこで、次の写真を一緒に見ていただきたいのです♪

3AFAE7A0-7950-456A-A812-05D1F5C43EF5

引用:https://unsplash.com/photos/_CpF-Za8crc

レンガ倉庫を改装したカフェバーのようです♪

仕事終わりに通いたくなる『ブルックリンスタイル』のカフェバーでしょ?(笑)

 

 

 

実は、このカフェバーのロケーションって…

 

 

オランダ】アムステルダム!!

 

 

 

オランダって、あなたはどんなイメージを持ってましたか???

チューリップ畑に風車!って真っ先に思い浮かんだのはわたくしだけではないはず(笑)

まさに「へぇ〜、オランダも『ブルックリンスタイル』のお店とかあるんだ〜」って思ったあなた!

わたくしもです(笑)

 

 

でも【ブルックリン】という地名の由来は、オランダの【ブルーケレン】から名前が付けられたんだとか…

知ってましたか???

 

 

1900年代、ロングアイランドの最西端の地域に、オランダが最初に入植したという歴史があるそうです!

後に、イギリスが譲り受けて、ヨーロッパからの移民を受け入れるための開拓を始めたのだそう☆

そのとき、最初に入植した国【オランダ】にある地名【ブルーケレン】から由来して【ブルックリン】と命名したのだそう!

 

ちょっと続けて写真を見てもらいたいと思います♪

1F928486-575F-46B3-9CB6-0F72AE7C23B3

引用:https://unsplash.com/photos/ZFYg5jTvB4A

「レンガ壁」×「ポイントカラー」♡

内見していないけど、外観だけでとっても素敵でガーリーな『ブルックリンスタイル』を妄想してしまいませんか?

こんな『ブルックリンスタイル』の賃貸物件が日本にあったら、絶対に女の子が入居したくなると思うんですけど☆

どう思いますか♪

 

そして、「レンガ壁」×「ポイントカラー」の素敵な建物が実際にあるのが、下の写真のような街並み☆

E4648CE0-F73A-4D8A-8FEE-26505AD84221

引用:https://unsplash.com/photos/7ZrS4VUshUU

そうそう!

こんなレンガ壁の街並みにある『ブルックリンスタイル』のお部屋に住みたいの!

って、思ったあなたに真実をお伝えしましょう…。

 

「レンガ壁」×「ポイントカラー」の建物も、その街並みも、実は【ブルックリン】ではないんです!

 

では、一体どこなの!?

 

どこだと思いますか?

「でも、ニューヨーク州とかにある街なんでしょ?」

「ニューヨークじゃなくても、アメリカは広いし、きっとブルックリンに似たような街あるよね?」

などなど、聞こえてきそうですね(汗)

 

実はここ…【アイルランド】なんです☆

 

アイルランド?どこだっけ?と一瞬、理解不能に陥りませんでしたか?(汗)

 

ここで「あぁ、なるほど!」とか「へぇ〜」って思ったあなたは察しが早い!

 

そうなんです!

 

オランダ】が入植し【イギリス】がヨーロッパの国々から移民のために開拓し、【オランダ】の地名から【ブルックリン】と命名し、【アイルランド】からも移民が続々と渡ってきたというルーツがあるわけです☆

 

【ブルックリン】という街ができたとき、あの憧れの『ブルックリンスタイル』のお部屋に実際に住み始めた人々の多くが、ヨーロッパの国々からの移民だったというわけです☆

 

ここで、ブルックリンの街並みと『ブルックリンスタイル』の雰囲気が堪能できるうえに、ルーツまで感じ取れる映画をご紹介しましょう♪

9EBC5C68-E355-4D12-927F-0F6372CD313B

引用:https://amzn.to/3jk2Ptj

アイルランド】から移民として渡ってきて、ブルックリンで生きる女の子のストーリーです♡

 

とっても興味深くなかったでしょうか?

『ブルックリンスタイル』のインテリアって、実際に住み始めたヨーロッパの国々の人たちのライフスタイルにも起源があるなんて♡

 

 

あなたの『ブルックリンスタイル』への果てなき妄想にお役に立ちますように♪

 

理想の『ブルックリンスタイル』を求めているあなたのために、情報発信・情報収集しています♡

【ブランチアベニュー 世界の旅からシリーズ】公式Instagramはコチラ!!

E5487DB5-91D1-470F-9E58-EABB74B73FC6

 

あなただけの素敵な《ライフスタイル》を一緒に創造し実現する【ブランチアベニュー 世界の旅からシリーズ】〜ブルックリンスタイル編〜にようこそ☆

 

世界の旅からシリーズの記事をメールニュースで受け取りたい方コチラから登録ください!!


この記事の制作に関わった仲間たち

こちらの記事はいかがでしたか?感想をお聞かせください!

戻る

ブルックリンのルーツが教えてくれるブルックリンスタイル☆